蓮華の五徳(蓮の五徳)

仏教のシンボルの花は<蓮>

極楽の絵には蓮の花が描かれ、
仏さんは蓮の花の上に座られています。

蓮華の五徳

ではなぜ極楽に蓮の花が咲いているのでしょうか?

.

それは阿弥陀経(あみだきょう)
というお経に書かれているからです。

<池の中に蓮華あり、大きさ車輪の如し・・・>

.

仏教のシンボルの蓮には、
五つの徳が備わっています。

この五つの特徴を私達が持てば、
極楽に生まれることができると言われています。

.

蓮華の五徳(れんげのごとく)

1 淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく)

2 一茎一花の徳(いっけいいっかのとく)

3 花果同時の徳(かかどうじのとく)

4 一花多果の徳(いっかたかのとく)

5 中虚外直の徳(ちゅうこげちょくのとく)

.

1 淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく)
蓮は泥の中で育つけれども、その泥に染まることなく、綺麗な花を咲かせます。

私達もどのような厳しい環境にいたとしても、
心の中は清浄に保てるということを表しています。

.

2 一茎一花の徳(いっけいいっかのとく)
蓮の花は一つの茎に一つの花を咲かせます。

あなたは唯一無二の存在です。誰の代わりでもありません。
自分自身をしっかりと持って、人生を謳歌しましょう。

.

3 花果同時の徳(かかどうじのとく)
蓮の花は花が咲くと同時に種ができています(※)。

生まれた時から、すでに誰にでも仏の心が備わっています。
仏の原石は備わっているので、きちんと磨きましょう。

※実際には、花が咲くと同時に種ができるわけではありません。
ここで重要なのは、植物学的な正しさでなく、そんな事を思わせるぐらい
蓮の花は神秘的だということです。

.

4 一花多果の徳(いっかたかのとく)
一つの花には沢山の種ができます(写真)。

自分の悟り(開花)が沢山の人を幸せにできます。
お釈迦様もご自身が悟りを開かれた後、
生涯、その悟りを人々に伝え歩きました。
だから仏教として今に伝えられています。

.

5 中虚外直の徳(ちゅうこげちょくのとく)
蓮の茎は外は硬いが、中は空洞です(写真)。
その茎が太陽に向かって一直線に伸びます。

「私が、私が」という我を空にして、
しっかりと悟り(太陽)へ向かう努力をしましょう。

.

以上、蓮華の五徳です。
この五徳を実践すれば、あなたは極楽に生まれる事ができます。


蓮の植替え講習 大盛況

今年も蓮の植替え講習行いました。

28名もの方に参加頂き、大盛況

蓮の植替え講習 生蓮寺

京都や大阪からもお越しいただき、
距離は関係ないことを実感しています。

講習では、絶対に花が咲く品種を使っています。
綺麗に花を咲かせて、心を癒やしてくださいませ。

合掌