四苦八苦 

お釈迦さんは、どうやったら人類が幸せになれるか考えた。

お釈迦さんは、幸せになる方法を
原因と結果<仏教用語で縁起
から法則を導き出した。

ではどうやったら
人類は苦しみから逃れられるのか?

どうやったら幸せになれるのか?

.

お釈迦さんが導き出した法則は4つ

.

1 <そもそもこの世は苦ばかりという真実>
2 <苦には原因があるという真実>
3  <苦は取り除けるという真実>
4 <苦の具体的な取り除き方の真実>

今日はお釈迦さんが発見した1番目の法則

1 そもそもこの世は苦ばかり
→ 仏教用語で、苦諦(くたい)について

お釈迦さんは<苦>を
基本的な苦として4つに分類した(四苦

さらに4つ追加して
四苦八苦に分類している。

そう四字熟語の四苦八苦は、
お釈迦さんが発見した<苦>
の分類から来ている。

基本的な苦として四苦
老いる事、病気になる事、死ぬ事 
は納得がいくだろう。

では<生>はどうだろうか?
生まれてくること、
そして死ぬまで生きることはやはり<苦>

生まれるから老いるし、
病気になり、死ぬのだ。


生きるには食べないといけない。
生活することは大変なのだ。

.

四苦について分かったところで、
またまたこれを逆の方向から眺めよう。

苦の逆は<
そもそも苦があるから
>があるのだ。
苦がないと<>は存在しない。

甘いものには砂糖だけでなく、塩を少し入れる。
なぜ塩を入れるのか?


それは塩を入れることによって、
甘さがより引き立つから

人生はどうだろう?
<苦>という塩があるから
>がより一層引き立つ。

.

四苦の<生老病死>も
<楽>という観点から見ていこう

<生>
生まれて、生活することは<楽しい>
生まれないと、そもそも人生を楽しむことはできない。

<老>
幼稚園の時と、今を比べてみよう。
色んなことができるようになったではないか?
知識や体験を通じて、色んなことができるようになった。

<病>
病気をすることによって、健康の大切さが分かる。

<死>
死という期限があるから、人生は楽しいのだ。
期限がないとぼっつーと過ごしてしまう。
一度きりの人生だから、チャレンジできるのだ。

次回は
八苦について

 ----------------------

蓮であなたを癒やしたい
蓮でご先祖様を癒やしたい
そして蓮で世界を元気にしたい

応援してやるぜ!
という粋な方は、登録お願いします。

蓮の最新情報や
あなたにとって良いお話をお送りします。

粋な方の登録待ってます。

★LINE@無料登録 
https://line.me/R/ti/p/%40rnt2479b

★蓮 Tube チャンネル 無料登録 
http://urx.red/BkVn

★蓮め~る無料登録 
http://eepurl.com/dzFpkP

 

-----------------------------
生蓮寺(しょうれんじ 奈良県五條市)
http://www.ozizou.jp
----------------------------