お通夜 お葬式に必要な準備、全体の流れを解説しています。

Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image
Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image Example image

お通夜 お葬式の流れ

ご家族、ご親戚の皆さんのご負担を少しでも和らげるために、臨終から初七日までの流れをまとめました。 プリントアウトしてチェックシートとしてもお使いください。

1 臨終

病院で亡くなられた場合
□ 医師から「死亡診断書」をもらいます。
   (死亡診断書は死亡届、火葬の申請に必要です。)
□ 故人の着替えをご準備ください。
□ 死亡直後の連絡を家族や血縁の濃い親戚だけに行います。
□ 生蓮寺にご連絡下さい。 (0747-22-2218)
□ 自宅に移送します。 (自宅で安置するときの布団を用意します。)
□ 神棚は扉を閉じて白紙で封じます。


自宅で亡くなられた場合
□ 往診していただいている医師から死亡診断書をもらいます。
□ 往診していない医師がいない場合は、警察に連絡し検視を受け、
    医師から「死体検案書(死亡診断書)」をもらった後、警察で「検視済印」をもらいます。
□ 神棚は扉を閉じて白紙で封じます。
□ 生蓮寺にご連絡下さい。 (0747-22-2218)

2 枕経

□ 枕元に小さな台を置いて白い布をかけ、以下の枕飾りをします。
○線香1本      (巻き線香は使わない、線香は絶やさないように)    
○ローソク 1本   (ローソクは絶やさないように) 
○ご飯一合     (生前使っていた茶碗にテンコ盛りにする。)    
○割り箸(白木)で十字 テンコ盛りのご飯の上に    
○温かいお茶 (新しいお茶) (生前使っていた茶碗に入れる。)    
○ガラスコップに水 を入れる

□ 生蓮寺に電話をします。 (0747-22-2218)
□ 枕元でお経をあげます。 (枕経、40分程度)

枕経の後、今後の流れを住職とご相談下さい。

まず故人の名前、生年月日、趣味(法名に使います)のメモ書きを住職にお渡しください。
法名、僧侶の人数についてもご相談ください。 
僧侶の人数は通常3名ですが、2名の場合もありますし、3名以上、1名の時もあります。

□ お通夜、告別式の式場の決定をお願いします。
選択肢に  1、生蓮寺   2、ご自宅   3、会館  があります。

□ 葬儀社の決定をお願いします。

決定葬儀社                  .

□ お通夜と告別式の日時を決めます。
生蓮寺、ご親戚、葬儀社と協議し、お通夜と葬儀の日時を決めます。この際、火葬場の都合も考慮する必要があります。

お通夜       日(   曜日)    (時)           (場所)

告別式       日(   曜日)    (時)            (場所)

お通夜、告別式が行われる式場の(電話番号)            .

(住所)                                      .

葬儀の内容・規模について
生前の故人の希望、ご遺族の希望により葬儀の内容・規模を決定します。 このとき重要なのが弔問人数の予想を立てることです。
弔問人数はご家族全員の年賀状の枚数から判断します。

弔問予想人数            人
□ 喪主と葬儀の世話役を決めます。       喪主:                   .

世話役:                   .

喪主について
通常、故人と最も血縁の濃い人が喪主を務めます。
喪主は葬儀の主催者です。遺族の代表として弔問を受けなければなりません。
また、法要・納骨・年忌法要なども責任をもって務める必要があります。

喪主、お通夜、告別式の日時が決定したら
□ 隣近所への連絡は、町内会長を通じて行います。
□ 会社関係は、中心となり伝達してもらえる人(上司など)に連絡します。

3 お通夜

1. 弔問客の受付を行います。
2. 僧侶による読経並びにご親族のご焼香を行います。
3. 弔問者によるご焼香を行います。
4. 僧侶による法話と続き、お通夜の儀式は終了します。
5. 喪主が挨拶と謝辞を述べて、「通夜ぶるまい」に移ります。
  
近親者で祭壇の線香やローソクを絶やさないよう故人をお守りします。
この時、故人にまつわる思い出を語るのがいいかもしれません。

□ 初七日を火葬後すぐに行う場合は、そのように申し出てください

 

4 告別式

□ 弔電の順番を決めます。
1. 弔問客の受付を行います。
2. 僧侶による読経並びにご親族のご焼香を行います。
3. 会葬者によるご焼香を行います。
4. 故人と最後のお別れをします。
5. 火葬場に向かいます。

5 火葬

1. 住職による最後の読経が行われます。
2. 火葬を行います。
3. 約2時間後、近親者によりお骨上げの儀式が行われます。

お骨上げ予定時刻       時      分

6 初七日 (25分程度)

最近は火葬後すぐに行うことが多いです。

7 葬儀後の整理

□ 挨拶回り
□ 挨拶状
□ 喪中はがき
□ 香典返し
□ 仏壇やご位牌の準備
□ 各種法的手続き(健康保険、年金、相続)
□ 四十九日法要
□ 納骨

 

クリックしてもらえると、お地蔵さんが喜びます。

  • ↑ PAGE TOP