なぜ、真冬のかき氷屋に行列ができるのか?

読破
.
気になった点をアウトプット
.

●目指しているのは、<一番おいしい>でなく、<大好きなお店>
.
●強い店は、特にすごい理由はないのにお客さんから愛されて繁盛している店 店とお客さんがLOVE-LOVEの関係を築けている

btfhdr


●連れてきていただいた方の顔を絶対に潰さない お連れの方には、絶対に気に入って頂く。
.
●お客様を増やすより、根付いて頂く。
.
●お客さんの期待値を1%でも超えるサービスを提供することが、お客さんの心を動かし、リピーターを生む。
.
●効率がいい人数しかスタッフがいないということは、それ以上のお客さんが来たときには対応できない。お客さんは不満を感じ、リピートしなくなる。結果として、成長の芽を摘んでいる。
.
●無駄な人件費をかけたと思うより、お客様にいいサービスができたと思うようにしている
.
●その人の状態で、味は変わる
寒いときの温かいものは本当に人を幸せにする。
.
●名前を聞いて商品のビジュアルが頭の中で一致しないと売れない。
.
●お客様から<ありがとう><おいしかった>という言葉をもらったら、必ず削り人に伝えるようにしている。その言葉で若い人は大きく伸びる
.
●料理を提供する仕事の目的は、<喜び>を提供すること
相手にいかに楽しんで頂くか
.
●同じかき氷を食べても、そのまま食べるのと、僕らが真剣にかき氷に向き合っているストーリーを聞いて共感して食べていただくのでは、味の感じ方が大きく違ってくる。
.
●お客さんの声に耳を傾けつつ、変えないことは変えない。
.
●お客さんが分かっていない、気づいていないことを提案してあげることもニーズ
.
●お客様の数より、お客様の顔こそ信用できる
.
●テレビに取り上げられて一時的にお客様が増えたが、それで来たお客様はリピーターにならず、以前からのお客様も来なくなり、結果としてマイナスになることもある
.
●この人にかき氷のことを聞いたら、なんでも答えてくれる存在である ということも、メディアへの対応として大事なこと
.
●会社やお店にとって効率がいいサービスというのは、お客さんにとっては必ずしも満足につながらないことが多い。
.
●できないことに原因を求めていてもしかたがない。できることを考えて一個一個やっていく
.
●潰れない確率を上げる
.
●店によって限界点はどこかにある。それを超えて拡大するのは間違い
.
●誰にでもできる仕事が、実ややる人によって一番差がでる。
.
●お店を潰さないことが、そのお店を必要としている方々から見れば、一番のサービス。
.
●商いは、飽きないこと とはよく言ったもので、自分の心の中をいつもフラットに保つというのは、とても大切なこと
.
●高いと思うなら来なきゃ良い という高慢な考え方でなく、やはりちゃんと価値を認めて頂く努力は必要
.
●<美味しさ>という端っこと<経営>という端っこの両極端に力を入れて、なおかつバランスをとっていくようなイメージ
.
●来ない人を嘆くより、来てくれた人に感謝しよう。
.
●人の共感を得られる<志>を掲げることは、最大の差別化戦略
.
●独自の魅力を生み出すことで、共感を超えてお客さんから理屈抜きで好きになってもらう。
.
●物語の力は人の感情を動かす
.
●店にいくと自分だけが特別な接客を受けているように思えてくる
.
●自分が最初に食べたあの衝撃を味あわせてあげたい
.
●まだできることがあるんじゃないか と考え、紙一重の差を積み重ねて大きな差にしていく
.
●捨てる人間は、経営のことを何も考えなくていいから、決められた通りに捨てればいい。
でも個人としてみると、どうしても<もったいない>気持ちが出てしまうんです。
<もったいない>気持ちがでてくると、それがとんでもないことにつながる。
.


外でお弁当 気分転換の力

いや~ 癒される

外でお弁当を食べると気持ちいい^~~

鳥のさえずりも聞こえてきます。

最近は、毎日外でお弁当

気候もいいし、リフレッシュします。

.

昼ご飯と言えども、同じ場所で食べていると

気分転換にはなりません。

.

外で食べると、それだけで視界が

開けて、気分転換になります。

.

気分転換すると、

その後の仕事が一気にはかどります。

.

オフィスでお弁当を食べている方は

ぜひ外で食べましょう。

全然違いますよ。

.

外で食べられない方は、少なくとも

オフィスの自分の席以外で食べましょう。

.

ちょっと違うだけで、大きな気分転換になります。

.

合掌

.


おしょうブログ開始
    アウトプット大全を読んで

いままで本を読んだり、 

勉強したりのインプットだけだった。

アウトプット大全という本を読んだ

勉強したことをいかに外に伝えるか?

その重要性が書かれていた。

.

アウトプットすると自分の記憶に定着する

読むだけでは時間の無駄なのだ。

.

そしてアウトプットして人に良い情報が

伝えることができると、

聞いた人はハッピーになれる。

ということでブログを開始した。

自分のため、そして世の人のために

ブログでアウトプットします。

.

世の中には様々なSNSがある

そこでそれぞれのメディアの相性を

考えて役割分担した。